自分の眉毛が薄いことに気づいたのは中学生の頃でした。クラスの1人にヤクザとあだ名を付けられたことがきっかけです。もちろん、そのあだ名の理由は眉毛が薄いことにありました。

1度気になってしまうとずっと気になってしまうもので、高校生の時には幼馴染みの女の子からアイブローを借りて眉毛を描いてから学校に行くこともありました。
しかしそうした眉毛の薄さによる悩みも今はまったくといっていいほどありません。

それは眉毛育毛剤という眉毛の薄さを改善してくれる商品を見つけられたからです。
育毛剤というと髪の毛に使用するイメージがありますが、実は眉毛用もあります。しかも男性用、女性用と性別によって成分等が変えられているので、より高い育毛効果を得ることが出来ます。

それでは眉毛育毛剤はどのように使用するのかというと、使用法に関して難しいことは一切ありません。
女性の化粧品のマスカラのような作りになっているので、キャップを外すと、そのキャップの先端が小さな櫛のようになっています。

先端は育毛剤に常に浸っている状態ですので、キャップから抜いたら後は櫛で撫でるように眉毛に塗るだけです。
商品によっては、朝晩2回塗布するものと、1日1度の塗布となっているものがありますが、塗るのに手間はかからないので回数に関しては問題にはならないでしょう。

そして肝心の効果が現れるまでの時間ですが、僕の場合は3週間ほどの継続使用で効果を実感することが出来ました。
はっきりと目に見えるほど濃く、太くなったというわけではありませんが、使用する前と比べると全体的に眉毛の輪郭がしっかりとし、眉無しとは思われない状態にまで改善しました。

そして、眉毛の存在が出てきたことによって、顔の印象もだいぶ変わりました。
職場の人たちからも、なにが変わったかわからないけれど、どこか印象変わったよね?と言われるようになりました。

中には前よりも男前になったと言ってくれた女性もいました。
眉毛の育毛に成功したことで、毎日の生活が明るくなったように思います。
これからも眉毛育毛剤を継続して使用して、手に入れた明るい生活をずっと続けて行けたらと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です